長続きの秘訣

好きあっていても上手くいかないのは?
お互いが好きでいるのに、デートを重ねたり付き合って時間が経ってくると、徐々に関係が上手くいかなくなってくる。
そんな経験はないでしょうか?
原因はもちろん性格が合わないなどでしょう。

付き合い始めは出会った当初はその事実に気付かなかっただけであるといってしまうのは簡単です。
しかしお互いに愛し合っているのに、すれ違ってしまうことは少なくありません。
性格の不一致といっても何が違うのでしょうか?

そういった場合は、恋愛に対するアタッチメント(愛着)が上手くかみ合っていない可能性があります。

アタッチメントとは
アタッチメント(愛着)は人間関係における心理学の用語です。
恋愛も人間関係の一種でありもちろん適用することができます。
アタッチメントは3つに分類することができます。「安定型」「回避型」「不安型」この3種類があります。
この型同士の相性などを理解し、あなたと相手がどのパターンに当てはまるのかを理解しましょう。

・ 安定型
最も普通で好ましいのがこのタイプ。相手に頼ることや頼られることを自然にできて、相手との関係性に不安をあまり覚えることがありません。
このタイプの人は恋愛においても互いのプライバシーを尊重しつつ、バランスがいい関係性を作り上げることができます。

・ 回避型
他人とお近づきになったり、親しくなったりすることに対して違和感や不安感を覚えることがあるタイプです。
もちろん相手のことをほとんど知らない段階でそのような不安を持つことは自然のことですが、人を信頼することや人から信頼されることを負担と感じてしまう、親しい関係の人とも常に一定の距離を保とうとする思考の人はこのタイプに分類されます。

・ 不安型
相手に対して、自分が思っているほど相手は自分のことを好きではないかも?
などそういった気持ちを持つことがあるようなら、あなたは不安型に分類されます。いつも一緒にいたいと思うことは恋愛において自然な感情の一つですが、いつも一緒にいないと不安になる、不安でしょうがないと感じてしまうこともあります。

好きだけど上手くいかないときにはどうすればいい?
相手のことが好きだけど上手くいかないそんなときはどうすればいいのでしょうか?
以下にあなたと相手のアタッチメントに即して簡単なアドバイスをいたします。

・ あなたが安定型の場合
あなたが安定型の場合は、相手のタイプが重要になってきます。
相手が安定型の場合はバランスが取れていていい恋愛関係を作ることができるはずです。
上手くいかないのはアタッチメントのせいではないでしょう。
相手が回避型の場合は、相手のプライバシーを十分に尊重しましょう。
あまり寄って行き過ぎては良くありません。相手が不安型の場合にはずっと一緒にいることはできなくても、一日一回くらいは優しい言葉をかけるようにしましょう。

・ あなたが回避型の場合
あなたが回避型の場合は、すこし相手のことを楽観的に捉えていい面に目を向けるようにしましょう。
相手が安定型の場合は、相手の懐に飛び込んでいく勇気を持ちましょう。
自分の気持ちを抱えるのではなく、相手にぶつけることで何か変わるはずです。
相手が回避型の場合はやりやすいはずです。
恋人だからと無理に距離を近づけすぎようとはせず、プライバシーを守りつつ信頼関係を作りましょう。
相手が不安型の場合は、相手に好意を言葉で伝えるようにしましょう。
また、定期的に旅行などイベントを入れることで相手も安心してくれます。

・ あなたが不安型の場合
あなたが不安型の場合は、少し自分に自信を持つように努力をしましょう。
どうやって自信を持てばいいのか。自分の長所に目を向けてそれを更に伸ばすことなどで自信を持つことができるはずです。
相手が安定型や回避型の場合は、あまりべったりとしすぎるのは止めましょう。
甘えすぎるとウンザリされてしまう可能性があります。
相手が不安型の場合は、できるだけ相手と長い時間過ごせるように時間を作ることでよりよい関係を築けるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ