結婚適齢期

第一印象はあてにならない
出会いの場において、男性は消極的で自分からアピールしようとしない人が多いです。
いわゆる草食系男子。
女性は女性で、そんな男性をすぐに「ナシ」と判断しがちです。
積極的にアピールをできない・そもそも上手くアピールをできない・自分の魅力を上手くアピールできない、そういった男性をすぐに「ナシ」と決めつけてしまうのです。
しかし、そもそも初対面の女性に対してスマートな対応ができて、気が利く褒め言葉がサラリと出てくるような男性は少ないのです。
そういう男性は、女性慣れをしている人です。
会ったばかりの女性に、自分の魅力を上手にアピールできる男性のほうが少ないし、モテるためにどうすればいいのか分かっている人も実は少ないのです。
一見、無愛想に見えたとしてもちゃんと話してみると誠実で、いい人もいますよね?

相性はすぐには分からない
当たり前のことですが、相手のことはすぐには分かりません。
少し付き合ってみて、話をしてみてやっと少しずつ分かってくる程度です。
同様に相性もすぐには分からないのです。
外見だけ見て、自分の好みである、かっこいいからという理由で付き合い始めることはできるでしょう。
しかしそういう人とは長続きはしないもの。
気が合わないのですから当然と言えば当然。
パッと見好みなタイプでなくても、話してみると共通点が見つかることだってあるのです。
そうやって気の合う相手こそがあなたにとって相性がいい相手なのです。
あってすぐではそんなことなかなか分かりませんよね?
更にそのときの状況や周りの環境によって、相手の印象もずいぶん違って見えるもの。
普段顔を合わせているときは、ただの友達・同僚としか思っていなかった相手でも、一度離れて再会すると相手の存在が大きく感じられるなど、シチュエーションにも左右されるものなのです。
必ず少し付き合いをしてから相手と相性が合うかどうか、判断するようにしましょう。
運命の人との出会いを見逃さないためには
まずは出会い方にこだわりを持たない事です。
合コンで出会った人はあり得ない、お見合いは絶対いや、などのこだわりを持ってしまっていると、目にフィルターがかかってしまいちゃんとした判断をできないものです。
次は男性に対してこだわりを持ちすぎない事です。
理想を持ちすぎないとも言います。
あなたの理想のタイプと気が合うタイプが一緒とは限りません。
理想はあくまで理想と割り切りましょう。
さらに言えば理想に100%合致する人なんてそうそういるものではありません。
身近にいる男性を再度見直してみるのもいいことです。
すでに身近にいるため、仲がいいため見落としてしまっているかもしれません。
身近に独身の男性がいるのならばその人との相性、もう一度見直してみましょう。
どういう人と気が合うのか、気が合わないのかということを分析する助けにもなります。
先入観にとらわれてしまってはいけません。こういったことに注意することで自分にどういう人が合うのか分かるようになってきます。
また男性を少しは冷静に見ることができるようになるため、運命の人との出会いを見逃すことも減ることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ