恋は人を変える

周りが見えなくなる程熱中できる恋

恋は盲目
好きだった相手と晴れて交際がスタートした時期はもう嬉しくてうれしくて盲目になってしまいます。
いわゆる恋は盲目状態。
しかしそれと同時に相手との距離が近くなったことや夢がかなったことで、意外と相手の欠点いやなところが見えてくる時期でもあります。
どんなに好きだと思っていても、ひどい態度や行動をされてしまったら恋も冷めてしまいます。
しかも相手がそれを酷い態度だと自覚していないと、相手に指摘しづらいうえに、指摘したところで理解してもらえない可能性もあります。
友達同士なら許されることでも恋人同士だとどうかと思ってしまうような行動、逆に相手が恋人だからついついやってしまうような行動それらの中にタブーはありませんか?
男性が注意する点
男性は意識的であれ無意識的であれ、相手より上位に立ちたい、尊敬されたいという欲望を持っています。
強度は人によってことなりますが、この欲望が起こしてしまう誤り、あるいはちょっと時代錯誤な気もしますが「男のくせに」という言葉が当てはまる行動は女性にマイナス印象を与えてしまう可能性があります。気をつけましょう。

・細かいワリカン
お金の価値観は人それぞれです。ワリカンを嫌がる人もいますが、一円単位までワリカンをするような人に対してけちな人というイメージを持つ人が多いようです。
ワリカンそのものは悪くない事ですが、あまり細かく分けるのは考えもの。端数ぐらいは出してあげた方がいいでしょう。

・リードする気がない
デートの約束やデートプランを全て相手に決めさせるような態度は相手をいらっとさせます。
たまにはいいかもしれませんが、毎回そうだとあなたがあまり乗り気ではないのではないかと思わせてしまうことにつながりかねません。
また頼りない印象を与えてしまうことにつながります。
全てのデートでそうする必要はないかもしれませんが、リードをしないのは数回に一回程度にとどめましょう。

・プライドを高く持ちすぎる
喧嘩どのあと、相手に謝れない男性はたくさんいます。
明らかに自分に過失があったとしても、なのです。謝ったら負けというわけではありません。
むしろ謝らない事にデメリットが溢れています。謝らない事こそが負けだと知りましょう。プライドを無闇に張ってもいいことはありません。
同様に男尊女卑的な発想、これも嫌われます。
男の沽券を守ろうとする人はそのことで逆に小さい人だと思われてしまいます。
どちらかというと寛容さ、心の広さが女性の心に響きます。

・極端な不潔、潔癖
何でも極端なことは嫌われるものですが、不潔・潔癖は恋愛だけではなくマナーの問題。
普段お風呂に入らない、服を洗わない、そういったものはもう論外です。
デートのときに気を使えばいいというわけではありません。
日ごろから身なりは整えてある程度清潔にしておくようにしましょう。
逆に潔癖すぎるのは女性に窮屈感を与えてしまいます。潔癖に限りませんが、あまり神経質にしていると女性も疲れてしまいます。
どうしても気になってしまう人は相手にもきちんと説明をしたうえで、窮屈さを感じさせないような心配りをしてあげる必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ