彼女ができないワケ

女々しさ
女性たちは、男性の女々しさを嫌います。
草食系男子がちやほやされる最近でも、女々しい男性はあまり好まれないのです。
草食系と女々しさは少し違います。女々しいというのはどういう人でしょうか。
一番分かりやすいのが「でも」という言葉が多いこと。
「でも」を使用するシーンというのは基本的には後ろ向きなとき。「だって」も同様です。
こういった言葉をよく使ってしまう人は、打たれ弱い人が多いのです。
ちょっと注意されただけでいじけてしまったり、カチンときてしまったりしてしまいます。
「でも」にせよ「だって」にせよ後に続く言葉は言いわけです。
言いわけをしているような状況であなたに非があるのです。
そこを潔く謝らないで、「でも」「だって」と言いわけを繰り返すうちに女性はうんざりしてしまいます。
少し自分の言動に気を使ってみて、「でも」や「だって」を多く使っていたら要注意。

自慢が多い
こちらは典型的なパターン。自慢が多い人です。
これは最早相手を不快にさせてしまいます。
自慢話を多少聞かされる程度ならともかく、自慢話を多く聞かされるというのは心地いいものではありません。
会話において、自慢話というのは一方通行なものだからです。
自分の凄さを主張しそれに同意してもらうことが前提の話であり、会話のキャッチボールは成り立ちません。
相手との会話を楽しもうという姿勢がないと思われてしまうのです。
また、自慢話が多い人は、基本的に話が長く止まらない人が多いです。
自慢話に限らず、一方的な話になってしまわないよう、相手の話を聞く姿勢も必要になります。
コミュニケーションを取るという基本的な部分を大事にしましょう。

相手の主張を聞けない
相手が希望していることや主張を聞くことができない人はよくありません。
相手の話を聞けていないのです。
これは会話というキャッチボールが出来ていないということです。
また、相手の主張を聞くことができないということは、器の小さい人であると感じる女性が多いようです。
相手の要求を全て聞く必要性はありませんが、よく相手の言っていることを聞き、理解をしたうえで発言や行動をするように心がけましょう。自分の主張ばかりだと自己中心的な人と思われてしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ