女性に話がつまらないと言われました。

先週コンパに行った時、女の子が話してくれました。

パーティで知り合ったイケメンの男性と食事に行ったけれど、話がつまらなくて帰りたくなったとの事でした。

女性23歳、イケメンの男性は、21歳でした。

イケメンの男性は、独立志向が強く自分の話を夢中で話したそうです。

当然女性は、会話に参加することが出来ずに、つまらなくなってきました。

そして、早く帰りたいオーラを出して、デートが終了したとの事です。

私は、この話を聞いていてなぜ彼女がつまらなくなったのかわかりました。

彼は、21歳で将来独立を目指す若者です。

独立を希望しているだけで将来有望です。

しかし、彼は自分の話しかしませんでした。

自分の自慢こそが女性をひきつけると勘違いしていたのです。

自慢話これは誰が聞いても嫌なものです。

しかも相手に知識がなかったら尚更です。

合いの手を入れる隙間もなくなります。

正直拷問です。

せめて、相手に分かるように説明し相手の意見を聞いてみる配慮が必要だったと感じます。

では、どのように話をすれば良かったかのでしょうか?

女の子は話好きな動物です。

女の子にメリットがあって女の子にもわかる言葉で話をする必要がありました。

そして、基本会話はキャッチボールです。

キャッチボールになるように意識して会話を続ける必要があります。

そして可能なら女の子が楽しそうにしているのか?

楽しそうにしていないのかを意識して会話する事をオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ