出会い探しの心得

10個のススメ
1. 友達から輪を広げていく
まあ最初は友達から輪を広げていくのもいいかも知れません。
「誰か紹介して」とみんなに言い続ければ何かしら出会いはあるもの。
とにかく友達にアピールしてみましょう。
きっと誰かが飲み会を開いてくれるでしょう。

2. 職場から輪を広げていく
案外期待できるのが職場の仲間。
お互いの知人を集めて飲み会もやりやすいはず。
でもうまくいってもすぐにうわさが広がりそうなので、そういうのが面倒だという方はやめておいた方がよいでしょう。
なお、上司に相談はやめておきましょう。お見合いみたいになって断るタイミングをなくしたらパニックです。

3. WEBから探す
mixiやtwitterで出会いを探すのもいいかも知れません。
いろんなコミュニティのオフ会に参加してみましょう。新しい出会いがあるものです。
でもどんな人が来るかわかりませんので最初は友達を誘っていくのが理想です。

4.街で奇跡の遭遇
街を歩いていて気になる人がいたらナンパ。
…というのは難しいかも知れませんが、いつもよく行くコンビニの店員に話しかけるのはそんなに難しくないかも知れません。
まずはちょっとした世間話から。
もしくは「おすすめの弁当ってある?」など、商品について質問してみるのもいいかも知れません。
でもうまくいかなければ次回からそのコンビニに行くのはちょっとつらいかも知れませんのでご注意ください。

5.一人旅で出会いを探す。
いわゆる「旅先で恋に落ちる」というやつです。
人間は危機的状況に陥ったときに生物の本能で「子孫を残さねば…」という気持ちがつよくなるようです。つまり惚れやすいということ。
見知らぬ土地で不安な時に出会った異性と恋に落ちる。
特に海外に行くと日本人同士すぐに打ち解けちゃったりするものです。
明日から世界一周旅行に行っちゃってください。
なんだったら国際恋愛というのも悪くないかも知れませんね。

6.○○教室に通う。
料理教室。陶芸教室。英会話教室などいろいろ教室はあると思います。
ちょっと申し込んでみるものありかも知れません。
まあ興味のある分野であれば最悪出会いがなくても楽しめるのではないでしょうか?
そしていい出会いがあればまさに一石二鳥というやつです。

7.一人で飲みに行ってみる。
一人で居酒屋やバーに行ってみましょう。
まずはカウンターに座り、マスターと仲良くなることからはじめましょう。
そして常連になったらあなたの真の目的をマスターに相談してみましょう。
きっとマスターが絶妙のトークであなたにいろいろなお客さんを紹介してくれるようになるでしょう。
でもマスターと仲良くなるまでにはある程度の出費は覚悟しなければなりません。
あと夜な夜な飲んでいると太りますので注意が必要です。

8.結婚情報サイトに登録する。
前述した内容が難しいという方は、サイトで恋人を探すのもありです。
しっかりした結婚情報系のサイトに登録して、アドバイザーに相談してみるのもありかも知れません。
話を聞いていると結構そういう人も多いみたいです。

9.近所のお世話好きのおばさんに頼んでみる。
いますよね?近所のちょっと世話好きの人。何気に顔が広くあなたの近所の人もその人にお見合いを勧められたりしていますよね?
勇気のある人はそっとそのおばさんに頼んでみましょう。
きっと喜んでいろいろなお見合い相手を紹介してくれることでしょう。
なお、写真を見て駄目だと思ったらその場でしっかり断りましょう。

10.昔の恋人に連絡をしてみる。
未練があるかどうかにかかわらずちょっと連絡してみるのもありです。
一度はお互い好きだったはず。もう一度という可能性がないとは言えないのです。
もしほんとに未練があるのであれば、真剣に連絡をしてみましょう。
まず共通の知人に連絡をして、昔の恋人が今独りかどうかを確認。
そして独り身だとわかれば再度アタックしましょう。既に一度壊れちゃっているわけですから、網一度砕けちゃってもいいじゃないですか?
もちろん一度会ってみないとわかりません。
会ってみたらあなたの今までの思いも一瞬で冷めちゃう…。
それはそれであなたの気持ちが確認できるのでいいと思いますよ。

以上、10個の出会いの可能性。
あなたが実践できそうな項目はありますでしょうか?ばかげていると思うかもしれませんが、まずは実行をするべき。
1番から順番にチャレンジしていくことをおススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ