わかりづらい恋愛成功への障害

恋愛失敗防止策
恋人がいるように見えてしまっている…

恋人がいそうに思える相手や、誘っても無理だと感じさせてしまうような相手に対してアプローチをできる人はなかなか居ません。

相手に対して恋人がいることを匂わせてしまうような言動はNGです。

例えば、あなたが左手の薬指に指輪をしてしまっていると既婚であったり恋人がいたり、と判断されてしまいます。

また、左手に限らず、右手の薬指に指輪をしているのも、恋人がいる合図である場合があり、敬遠されてしまうことがあります。

恋活中なのであればアクセサリーや持ち物などで恋人からもらった、という印象を与えるようなものを身に着けたり持ったりするのは避けましょう。

また誘っても大丈夫である、ということを会話の中でアピールすることも重要です。

会話の中で「私も行きたい」「一人で○○に行くのは行きづらい」「一人で食事をするのはさびしい」などなど、恋人がいないこと、恋人を募集中であることが伝わりやすく、また誘いやすいような台詞をさりげなく出すようにしましょう。

あまり周りくどいと伝わりにくくなってしまいます。

直球は避けつつ、恋人募集中であることを伝えるようにしましょう。

待ちの姿勢
恋人がいなくてかつ、募集中であることを伝えたとしても、誘われるのを待っているだけではもちろんNG。

になる相手がいるのなら、自分から積極的に動いてやる必要があります。

相手から誘われたからそれでOKというわけにはいきません。

例えば、誘っている側からしたら、誘ってきてくれるけどあちらから積極的な話がないとこちらに気があるのか分からなくなってしまいます。

あなたが積極的にどこに行きたいとか、誘うようなことをすることで相手にも、また一緒に出かけたいとか、誘ってくれてうれしいという感情を伝えることができます。

また、イベントなどで幹事をやることもいい方法です。多くの人と連絡を取り、コミュニケーションを取るのが幹事。

連絡を取ったりするうちに恋愛感情が芽生えることもあります。

また、気になる人に幹事を手伝ってもらうのも手です。

男女両方が幹事にいたほうが何かと便利ではあるものなので自然と手伝いをお願いすることができるでしょう。

幹事ができない場合でも幹事の手伝いを行うことで、同じような効果があります。

誰にでも優しすぎる
誰に対しても親切すぎることや優しすぎること、これも悪いことではないのですが、恋愛を妨げる要因になってしまいます。

もしあなたが気になる相手に、少し他の人よりも親切にしたとしても、目立たなくなってしまうのです。

相手もほとんど気に留めなかったり、特別だと感じなかったりすることでしょう。

それはとてももったいないことです。相手に特別であることが伝わりやすいように、することが大事になります。

できたら「普通はこんなことしないけど」という言葉を混ぜてみたりして、特別な親切だったり優しさであることが伝わるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ